尿汚染を回避!

梅雨真っ只中、部屋干しOKと洗濯洗剤のCMを目にします。臭いが良くなるのはいいけど、でも乾かない…。家で介護をされているお宅にとって、雨の中シーツ類やパジャマなど洗濯物を干さなければならない状況は大変なことです。

先日、ご利用者さんのご家族からこんな言葉をいただきました。

「今までは、朝方にたくさんのオシッコが出て困ってたけど、これになってからはよかった。毎朝全部換えてたからね(防水横シーツ、パジャマ上下)。ほんと、助かるね。」

この方は“外付け尿カテーテル(コンドーム式集尿器)”のことを話されていました。

前立腺のご病気による尿閉があり尿道留置バルーンカテーテル使用も、トラブル多く抜去。排尿自立できましたが、日中の尿量は少なく明け方一度に多めに出ていました。おむつの当て方も工夫し両面パットも使用しましたが、オムツ外の漏れを防ぐことが難しかったため、自費購入の外付けカテーテルを夜間のみ使用することにしました。

今では介護者は尿の心配をせずに朝までぐっすり眠れるようになり、尿汚染で朝から忙しくなることもなくなりました。

「本当に最初は大変でしたね。」とこちらも笑顔になってしまいました。

また別の利用者さん(鼠径部にCVカテーテル留置)の介護者さんからも、

「夜中にたくさん出ることが多いから、CVカテーテル部分を汚してしまわないように何度もおむつを見て、本人も家族もみんな疲れてしまった。これがあると汚染もしないので、安心できる。」と。(CVカテーテル…中心静脈カテーテル、点滴のために太い血管に挿入されている管のこと)

暑い夏が来る前に『オムツの重ねあてが減ればいいなぁ』とも思いつつのつぶやきでした。

投稿者ネーム ポニョ

首都圏支部web講座「排尿 基本のき第1回目まで1週間!

お申し込みは7月7日まで!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です